ももクロが心境吐露 有安杏果が卒業もピンチを乗り越える秘策が

 

ももクロは、4月13日公開の『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 〜拉麺大乱〜』で主題歌・挿入歌・声優を務めます。

1月21日に有安杏果さんが卒業し、それから4人体制での初仕事。

今回の体制変更に不安はあったようですが、

クレヨンしんちゃんとのコラボは、グループにとってもかなり心強かったようです。

2018年1月21日の公演後、4人体制となったももいろクローバーZの初仕事が『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』(4月13日公開)の主題歌&挿入歌&声優だ。劇中では“くろぐろクローバーZ”として作品を盛り上げると共に、元気な歌声を披露。その存在感や佇まいは、これまでとなんら変わらないように感じられたが、実際はどうだったのだろうか。百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにに率直な胸の内を聞いた。

ももいろクローバーZのプロフィール

引用:http://momoclozamurai.xxxblog.jp/archives/51452094.html

 

  • 名前:ももいろクローバーZ
  • ジャンル:JPOP、ロック、オルタナティヴ・ミュージック
  • 活動期間:2008年〜
  • レーベル:EVIL LINE RECORDS
  • 事務所:スターダストプロモーション

2011年4月10日に早見あかり、脱退。

2018年1月21日に有安杏果、脱退。

 

ももクロ、ピンチを乗り越える秘策とは

有安さんが卒業し、4人体制になったことに対して、

百田夏菜子さんは、「ピンチでしょ、大ピンチですよ!」と笑顔ながらも不安を見せました。

ももクロは5色というイメージが世間に浸透したので、

4人でどこまでやれるのか、という不安がグループを襲っているようです。

しかし、ももいろクローバーZには、ピンチをチャンスに変える秘策があるようです、

百田さんはこう言います。

「小さなことで言うと、昔から『衣装がない!』という状況になれば『じゃあ、近くのお店でそろえよう』という発想だったし、『照明がない!』となれば『車のライトでどうにかしよう』とやってきました。今回ほどではないですが、昔からいろいろとピンチはあったので、そういう修羅場というか、経験が積み重なってできた絆もあります。あとは、スタッフさんも含めてもともとみんな楽天的というかネガティブな考え方はしないので、その状況を楽しんでプラスに変えていこうという気持ちは根底にあると思います」。

 

いくつもの修羅場を乗り越えて、いまの百田さんやももクロがあるのでしょう。

玉井さんは、

「4人になってしまって、わたしたちもファンも『どうやっていくのだろう』と心配だったと思うんです。そんななか、この作品のお話をいただき、しんちゃんの元気と明るさ、主題歌『笑一笑 ~シャオイーシャオ!~』に込められた『笑っていれば、不安なことがあっても大丈夫!』というメッセージに触れ、迷いがなくなった」

と、クレヨンしんちゃんとのコラボに感謝されていました。

ももクロのポジティブな精神、グループの確固たる信念が、彼女らの原動力となっているようです。

これからも変わらず元気な姿をファンに届けてほしいですね。

ももクロに関するネット上の声

 

 

 


笑一笑 〜シャオイーシャオ!【ももクロ盤(CD+Blu-ray)】 [ ももいろクローバーZ ]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA