乳首ドリルの吉田裕が肝膿瘍手術のため入院 1月には前田真希と結婚

“乳首ドリル”ネタで大人気の吉本新喜劇・吉田裕さんが肝膿瘍手術のため、大阪市内の病院に入院しました。

4月11日、所属事務所を通して「肝膿瘍(かんのうよう)手術のため、大阪市内の病院に入院しました」と発表。

吉田さんは、数日前から肝臓付近の痛みを訴え、10日に病院で精密検査を行ったところ、「肝膿瘍」と診断されました。

手術は無事終了し、1ヶ月後に退院の予定です。

 

吉田裕さんのプロフィール

引用:http://chikiyumi.com/14337.html

  • 名前:吉田裕(よしだゆたか)
  • 生年月日:1979年3月29日
  • 年齢:39歳
  • 血液型:B型
  • 出身地:兵庫県高砂市
  • 身長:166cm
  • 職業:お笑いタレント、喜劇俳優

 

乳首ドリルで有名な吉田裕さん

吉田さんは2000年に吉本NSCに入られ、2005年に吉本新喜劇「第1個目 金の卵オーディション」に合格。

乳首ドリルなどのギャグや芝居を進める重要な役で活躍されていました。

乳首ドリルとは↓↓

 

1月に前田真希と結婚したばかり

2018年1月18日には、同じく新喜劇で活躍する前田真希さんと結婚。

 

引用:http://beef-6.jp/maeda-husband/

とても幸せそうなお二人です。

結婚直後の入院ですので、奥さんの真希さんも心配ですね。

 

吉田さんが入院の原因となった肝膿瘍とは

「肝膿瘍」とは、肝臓に膿が溜まる感染性の病気です。

肝臓の外から細菌や原虫などが肝内に侵入し、増殖することが原因と言われています。

38度から40度の発熱や倦怠感、肝臓付近の痛みが発生するので、ご本人はかなりお辛かったかもしれません。

 

肝膿瘍には、化膿性のものとアメーバ性のものがあります。

実際には原因が特定できないことが多いのですが、

アメーバ性の肝膿瘍の場合、血性の下痢があることもあり、世界でも毎年多くの感染者が出ています。

性行為により感染することもあるようです。

肝膿瘍が発覚すると、ただちに抗生剤の投与を開始し、膿を体外に排出する「ドレナージ」という治療が行われます。

 

吉田裕さん入院に関するネット上の声

吉田さんの手術は無事終了し、1ヶ月後に退院予定とのこと。

復帰時期は、医師の判断に従って決定されるようです。

ネット上では、吉田さんを心配する声が多く上がっています。

 

・ちょっと聞いたこと無い病名だけど命に別状は無いようで良かった。
 復帰待つ!!

・大事に至らず本当に良かった。
 無理せずに養生してくださいね。
 待ってます。

・暫くは乳首ドリル見れないな。
 寂しい

 

吉田さんは、「必ず元気な姿をお見せします!」とのコメントも発表しています。

「いろいろとご迷惑をおかけしましてすみませんでした!まさか自分が入院するような病気になるとは思いませんでした。皆さんも体に違和感があったらすぐに検査に行ってください!舞台復帰はいつになるかまだわからないですが、必ず元気な姿をお見せします!その日まで皆さん、待ってくれんのか〜い!!」という吉田本人からのコメントも発表された。

吉田裕さんの乳首ドリルがまた吉本新喜劇で見れるようになるといいですね!回復をお祈りします。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA