テレビ朝日が財務省に抗議文を提出 福田事務次官のセクハラ疑惑

テレビ朝日が19日、女性記者に財務省の福田淳一事務次官からセクハラ行為があったとして、財務省に抗議文を提出しました。

抗議文では、

「当社の女性社員から、福田淳一事務次官への複数回の取材において福田氏からセクシャル・ハラスメントを受けたとの申し出がありました。」

「当社として調査をしてまいりましたが、取材の過程で福田氏からわいせつな言葉などセクハラ行為が相当数あったと判断いたしました。」

「女性社員は精神的に大きなショックを受けております。」

としています。

また、

「財務事務次官という社会的に責任の重い立場にある福田氏が、優越的な立場に乗じて行ったセクハラ行為は、当社として到底看過できるものではありません。」

社会的な立場の高い人間が、その地位を悪用してセクハラをするのは見逃すことができないと、財務省に抗議。

 

テレビ朝日は財務省に、事実関係を徹底的に調査して、早急にその結果を公表するように求めています。

今回の抗議文に対して、財務省は「会社としての正式な抗議ということであり、しっかり受け止めなければならないが、まずはお話をきちんとうかがっていく必要があると考えています」

と、セクハラ疑惑の詳しい情報を確認したいようです。

 

 NHKニュース
テレビ朝日が財務省に抗議文提出 | NHKニュース

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA