渋谷すばるが会見後初となるラジオで脱退の心境を語る 編集無し全文

渋谷すばるさんが、「関ジャニ∞渋谷すばるのスバラジ」で、ファンに向けて心境を語られました。

 

「えー4月21日ということでございます。

記者会見をさせていただきました、のが昨日です。4月15日の日曜日、僕、いま16日の月曜日これ収録している、です。

で、これは21日の放送ということなので、まああの、会見後初めてのスバラジのオンエアということで、おそらくですが、初めてね自分がこのスパラジ何を喋るのかみたいなことは、注目されて聞かれている方もいるのかなと思いますので。

会見でもそうだったのですが、とにかく何の偽りもない言葉をファンの方、世間の皆さまに対してそのままの思い・言葉を届ける、表現することが何より自分としても、グループとしての精一杯できる誠意なのかなという自分たちの思いの元、会見でも他の6人のメンバーも一緒に立ってくれました。

なのでそれがあっての今回のスバラジです。

特にeighterのみんなに向けて、とにかく急な一方的なお知らせになってしまって、本当にただただ申し訳ないという気持ちと、びっくりされた方も悲しませたりとか、いろんな思いをさせてしまったと思います。

本当に申し訳ないという気持ちです。

特にコンサートを楽しみにされていた方もたくさんいらっしゃると思うので、

自分がこの決断をして、意志が固まって、事務所・メンバーにこの思いを伝えたときには、すでにベストアルバムの制作、夏のツアーの制作もすでに始まっていたので、それに関しては自分は最後まで責任を持ってやるつもりですという意志ももちろん皆さまにお伝えしました。

それで、そこから色々6人でも話し合って考えたし、事務所の方とも話し合って、僕は出た結論を真摯に受け止めて最後までやるということだけだったのですが。

なので6人で会話している瞬間とか、そこに事務所の方もいたのかもしれないけど、そこに僕はいなかったので、どういう会話だったか正直分からないけど、

でも、6人と事務所の人が出した決断で、

これはいくら事務所の人でも、メンバーの気持ちというか、ほんとにジャニーズのタレントにしかわからん気持ちっていうのがたくさんあって、まあそんなことは言うことじゃないんだけど、だから、6人の出した結論の思いというのは痛いほどわかるつもりなんです。

絶対に僕のこの身勝手な決断を聞いたときにね、まずコンサートどうすんねんと、絶対にeighterファンの皆さんが大丈夫かなどうしよということを、まずこれを考えたはずなんです。絶対それはもう。

そこに対してどう向き合うか、でも、6人はたぶんものすごく悩んだと思うし、苦渋の選択だったと思うんですよね。

7人で立つことがeighterにとってはいいのかもしれないけども、俺は自分勝手な理由で抜けるかもしれないけど、残された6人は続けていかなあかんし、この関ジャニ∞というものを守っていかないといけない。

だから、今だけが良ければいいんじゃないんですね。

やっぱり今だけが良くて、それでグループがダメになっちゃったら、それが一番eighterを悲しませることになる。

だから、申し訳ないけれど、グループを守ってさらに大きく強くしていくために、もうこの段階から6人でという体制を、彼らとしても作っていかないといけない、という気持ちは痛いほど分かるんで。

そこだけはなんか、俺が抜ける立場で言えることではないけども、もしこの番組が注目されて聞かれているなら、今この喋っていることが、だったらもうこのまま偽りの無い思いと言葉を届けるべきだと思って今喋っています。

なので、とにかく、そんな思いで6人と僕とジャニーズ事務所の方々とで決めて出した結論なので、一方的であって本当に申し訳ないんですけど、どうか受け止めていただき、そしてなにより、これからの6人の関ジャニ∞というものをどうか応援してただけたら、僕として本当にそんなにうれしいことはないと思います。

えー。です。本当に。うん。

なので、これはこのまま放送してください。」

 

渋谷すばるさんの脱退ニュースはこちらから↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA