プロテインは運動不足の現代人こそ飲むべき健康維持のための救世主

「プロテイン飲んだ方がいいよ」と言うと、「べつに筋肉つけたいわけじゃないし」「痩せたいのに逆効果じゃない?」「なんか味が不味そう」とよく言われます。

しかしプロテインは、スリムになりたい運動不足な現代人にこそおすすめできる食品です。

昔のように不味いプロテインは少なくなり、今ではココア味やバニラ味など楽しみながら飲めるプロテインが豊富です。

さらに、プロテイン=タンパク質ですので、炭水化物を取りすぎてしまいがちな今の時代だからこそ、とても健康に役立つ食品でもあります。

 

タンパク質不足=不健康

アスリートやボディビルダーがプロテインを飲むのは、筋肉量を増やすというのが第1の目的です。

プロテインは、主にそれらプロの間でよく利用されていることから、一般人からすると、あまり関係が無い食品だとも思われています。

しかし重要なのは、私たちの筋肉や髪の毛、お肌はタンパク質によって作られているということです。

ですから、そのタンパク質が不足すると、筋肉が衰えることで代謝が下がったり、お肌のハリが悪くなったり、髪の毛がバサバサになったりします。

また体の機能と脳の機能も密接に連携しているので、疲れやすくなったり、感情的になってイライラしたりすることも増えるでしょう。

体と心の健康のためにも、見た目の美しさのためにも、プロテインはとても重要な成分なのです。

 

食事で十分なタンパク質を摂るのは現実的に難しい

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2015」では、一日で成人男性は60g、成人女性は50gのタンパク質を摂ることが推奨されています。

これはおよそ鮭の切り身で3枚分、納豆で8パック分ほどの量です。

しかし忙しい現代社会では、どうしてもパンやシリアル、ラーメンなどの麺類を食べることが多くなり、なかなか十分なタンパク質を摂取することが難しいのも現実です。

基本的には、肉や魚、卵、大豆製品、乳製品を、多く食べることで健康的な体になります。

もちろん野菜や果物、米なども栄養バランス的には重要です。

ですが、今はストレス社会なので、お菓子やアイスなどの間食も増えてしまいがち。

毎日毎日、タンパク質を気にしながら食事を取るのも難しいのが事実でしょう。

 

プロテインを飲んでみてほしい

そんなタンパク質不足の現代人に、本当におすすめできるのが「プロテイン」です。

プロテインを飲むことを習慣化するだけで、栄養バランスも良くなり、引き締まった体を手に入れられます。

以下の記事でもご紹介しましたが、飲むタイミングのおすすめは朝晩、起きた直後と寝る前の30分から1時間です。

参考記事↓↓

タンパク質が不足してしまうと、体が老化するだけでなく、集中力が衰えたり、感情的になりイライラしてしまうことが増えます。

脳と体は密接に繋がっているからです。

イライラすると、仕事や人間関係もうまくいかず、日常生活の質も下がってしまいます。

楽しいことや面白いことを逃してしまうのです。

だからこそ、朝晩のプロテインを習慣化することで、体や脳の機能を最大限に高めることをおすすめしています。

もちろん日々の食生活が1番大切ではありますが、それを補助できるプロテインは大変便利な食品となります。

 

プロテインはこんな人におすすめ

ここまでお伝えした通り、プロテインはトレーニングをしていないという人にも飲んでみてほしい食品です。

単純に筋肉量を増やすための食品ではなく、タンパク質という体に必須の栄養素を補えるのが「プロテイン。」

そんなプロテインは、以下のような人におすすめです。

・炭水化物が大好きな人

・食事をいつも軽く済ませる人

・食事を取らないことが多い人

 

プロテインは炭水化物が大好きな人におすすめ

今は、本当においしい炭水化物の食品が、世の中にあふれていますね。

コンビニのパンも進化していますし、ラーメン屋やピザ屋さんも多くあります。

最近では、マクドナルドのハンバーガーも新しい商品が出ていました。

コメダ珈琲の「シロノワールチョコバナ」も期間限定販売されるようです笑

 

このように美味しそうな炭水化物が、たくさん世の中にあるので、どうしても栄養が偏ってしまい、タンパク質が不足しがちになります。

まずは、肉や魚、乳製品などでタンパク質を摂取し、それでも足りない分を補えるように、プロテインを習慣化することもおすすめです。

 

プロテインは食事を取らない、軽く済ませる人におすすめ

忙しいから朝食を抜いたり、お昼ご飯をパンだけで済ましたりすることもあるかもしれません。

胃腸にも限界があるので、本来は一気にご飯を食べるより、1日何食かに分けて、バランス良く食事取ることが、栄養的には体に良いと言われています。

少食でも回数を増やせば、必要な栄養量は確保できるのですが、全体的に食事の量が足りていない場合は、栄養が不足していることもあります。

体が疲れやすかったり、感情的になってしまったりする場合は、少し栄養バランスを見直してみてください。

 

プロテインはあくまでも栄養補助食品

・プロテインは健康に役立つ

・ココア味やバニラ味がある

・調子が悪い時はタンパク質不足の可能性が

・現代はタンパク質不足になりがち

アスリートやボディビルダーは、その人のトレーニングの目的に応じて、プロテインを飲んでいます。

運動をしていない人でも、健康維持や集中力向上のために、プロテインは十分に使える食品です。

逆に、運動不足になりがちな現代だからこそ、筋力維持のためにプロテインを飲んだ方がいいかもしれません。

そのような方に、おすすめのココア味のプロテインは、以下の記事でご紹介しています。

プロテインは健康になるための便利な食品ですが、あくまでも基本は、栄養バランスの取れた毎日の食事です。

ぜひ、普段の食生活を豊かにして、楽しい毎日を過ごしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA