ホリエモン「夢を叶える人と夢を叶えられない人」【堀江貴文】

ホリエモン Youtube

 

やりたいことがない人なんていない

現代は、「自分のやりたいことが見つからない」と悩んでいる人が多いとよく言われます。

ですが、堀江さんの仰るように、本来は「やりたいことがない人間なんていない」はずです。

「やりたいことがない」という感情を、しっかりと分析してみると、それは「やりたいことがない」のではなくて、「やりたいことはあるけど、できないし、失敗したら自分が傷つくだけだから辞めておこう」と、脳が自己防衛のために理屈を作った結果、「やりたいことがない」と思い込んでいるだけです。

人間が生きるためには、モチベーションが必要です。

モチベーションというと、「やる気に満ち溢れた感じ」と誤解されがちですが、本当は「やる気がなくても自然にやれる状態」をモチベーションのある状態と言います。

ご飯を食べるのにも、お風呂に入るのにも、歯を磨くのにも、別に“やる気”は必要ありません。

適度に満たされた状態が、自分にとって当たり前であるから、その当たり前を継続するために、モチベーションが働いているのです。

「やりたいことがない」「モチベーションが上がらない」と悩む人は多いですが、そんな人にも必ずやりたいことはありますし、モチベーションも絶対にあります。

それらが無い状態というのは、人間が死んだ後の話です。

 

あなたの好きな女優は?

 

堀江さんが、「やりたいことがない人」に質問をしました。

「好きな女優は?」

「新垣結衣です。」

「役者になって、結婚したいと思わないの?」

「思います」

「それ夢じゃん」

夢が見つからない、やりたいことがないと感じている人は、自分の夢に脳がフタをしてしまっている状態です。

当然ですが、目標に向かう道のりでは失敗がつきものです。

失敗を全くせずに成功することはできません。

失敗を全くしない人というのは、過去の自分と全く変わらない人だけです。

言い換えると、全く成長していない人です。

昔から何も変わっていない、1ミリも成長していない、それこそが大きな失敗ではないでしょうか?

 

「1000人やれば995人が無理」

脳は自分が傷つかないように、フル回転して“変わらない理由”を見つけだします。

「1000人が挑戦したら995人は失敗する。だから無駄だ。やめておこう。」という風にです。

人は失敗したくありません。

それはとても傷つくことだからです。

人は傷つきたくありません。

だから自分の夢を押し殺します。

これが「やりたいことがない」人の状態です。

脳の使命は、身体の寿命をなるべく伸ばすことですから、本能的に、私たち人間は「変わりたくない」生き物です。

そして、その本能が私たちの夢の実現を邪魔します。

夢を諦めるのは簡単です。

言い訳をすればいいだけだからです。

しかし、それでは本当は味わえたかもしれない人生の満足感や充実感を失ってしまいます。

昨日と変わらない、つまらない毎日をこれからも繰り返し、いつか病室のベッドの上で死ぬだけです。

後悔のない人生、最高に充実した人生を送るためには、人間は夢に突き進む必要があります。

その夢は、現在の自分でも理解していない夢です。

まだ見ぬ夢に、自分でも分からない最高の未来に行くことが、人間が満足感や充実感を得られる最高の方法なのです。

 

最高の人生を手に入れる方法

自分の人生を最高のものとする方法は、「本能に打ち勝って、自分のやりたいことをやり続ける」ことです。

本能は、自分が傷つかないように、自分の身を守るために、“やらない言い訳”を驚くほど大量に思いつかせます。

「成功できるのは一握りの人間だけだ」

「自分がやっても失敗する」

「明日から始めよう」

しかし、本能のやらない言い訳を受け入れても、これからもつまらない人生が続くだけです。

はっきり言いますが、失敗しても何の問題もありません。

逆に、失敗するという経験は、最高の成長です。

失敗するということは、自分の夢に進んでいるという証であり、多くの人から祝福されるべき最高の経験なのです。

失敗した人は、自己実現力が高まっています。

つまり、「自分の本当に欲しい夢を叶える力」が強くなっているのです。

自己実現力が高まれば、「自分のやりたいこと、挑戦したいこと」が、次から次へと見えてきます。

過去の自分が見えなかった夢が、次から次へと視界に入ってくるのです。

夢はいくつあっても構いません。

自分が叶えたい多くの夢に突き進むことで、自己実現力がどんどんと高まり、いつのまにか、今の自分が知らない最高の人生を実現しています。

「自分ならできる」「とにかくやってみよう」「失敗は幸福の兆し」

ぜひ今この瞬間から自分の夢に突き進んでください。

そして突き進むことを、毎日続けてください。

そのための力は絶対に備わっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA